忍者ブログ
結婚したい女性の一人です!日々の生活を更新していきます
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友情と愛情ってとても似てる。
 同性どうしのときって似ていてもあまり問題はないけれど、
 異性の場合はごちゃごちゃしてしまうこともある。

 片方が好きになっても友達同志の関係って居心地がよかったりして
 それ以下の関係になることが怖いばっかりに言えなかったり、
 相手も自分のこと好きなんじゃないかな?と勘違いしてしまったり。

 私が前に男友達に告白されたときもごちゃごちゃした。
 彼は友達として接していた私の態度を見て、いけるかもしれないと感じたらしい。
 私は女友達に対しても男友達に対しても同じように付き合ってしまう。
 同じ、といっても女友達のように一緒に温泉に行く、とかそんなことはしないけれども(笑)

 それはどうもいけないらしい。とその時気付かされた。
 私は友達なら男でも女でも大切だと思っているし、
 女と男の違いで態度を変えるようなことはしたくない性質だ。
 けれどもそれだと勘違いされてしまう。
 なんだかとても行き詰まってしまって、一時期は男の友達には
 距離をおいて付き合ったりしていた。

 異性との友情は「好き」とかなんとかそういう感情が入ってくると途端に崩れてしまう。
 どちらかがそう思った時点でアウトだ。
 口にしようものならしばらくなんとなく遠くなってしまったりする。
 私はそれはとても悲しいことだと思うけれど、それが男と女だから仕方がないのかもしれない。

 前に私がとても仲良くしていた男友達がいた。
 彼とはかなり親しくしていたけれど、そういう感情が入ってきた時点でやっぱりダメになった。
 いくら友達として好きだとしてもどうしても男としては見ることができなかった。
 私はその彼との楽しい関係よりも彼をふることを選択した。

 やっぱり二人はその後何年か連絡が途絶えた。
 ふとしたことがきっかけで連絡はまたとるようになったけれど、
 住んでいる土地が離れていることとか周りの環境も手伝って前のような関係とはちょっと違う。
 時々電話で元気?と聞きあうくらいの関係だ。

 一番いい距離になるとどちらか一方がダメになる。
 近すぎてもダメになる。
 そして離れすぎるとさみしくなる。
 男と女の友情って悲しいくらい難しい。

 そんなときに私が思うのは
 「どうしてこの人と同性じゃなかったんだろう?」
 ということだ。



上記記事抜擢。

私もすごく共感できました!
PR



● コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


ブログのタイトルです
design&photo by [Aloeswood Shrine / 紅蓮 椿] ■ powerd by [忍者BLOG]
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
みらい
性別:
女性
趣味:
釣り・読書
バーコード
ブログ内検索
P R